パパ活は違法?犯罪行為になる?注意点や売春との違いを解説

パパ活は違法?売春との違い

パパ活は手軽にお小遣い稼ぎができる手段として人気です。

ですが、あまりにも簡単にお金が稼げてしまうので「違法じゃないの?」「犯罪になりそうじゃない?」と疑問に思う方は多いのではないでしょうか。

そこで本記事ではパパ活の違法性・犯罪になる可能性や事例について徹底解説していきます。

結論から申しますと基本的にパパ活は違法ではありませんが、場合によっては違法・犯罪になる可能性も考えられますので、ぜひとも本記事を参考にしてください。

パパ活のやり方を知りたい方はこちら

『PAPA♡LOVE』おすすめのパパ活アプリ・サイト

ラブアン【R18】

ラブアン
おすすめ度
(5.0 / 5.0)
女性はこちら
男性はこちら

ペイターズ【R18】

ペイターズ
おすすめ度
(4.5 / 5.0)
女性はこちら
男性はこちら

シュガーダディ【R18】

シュガーダディ
おすすめ度
(4.5 / 5.0)
女性はこちら
男性はこちら
気になるコンテンツをタップ!

パパ活は違法・犯罪じゃない?という声

まずは世間的にパパ活は違法・犯罪じゃないのか、どのような声があるのか見ていきましょう。

Twitterに投稿されたリアルな声を紹介していきますので、ぜひとも参考にしてください。

良い反応


パパ活は違法ではない、犯罪ではないといっている方の意見は上記の通りです。

「管理売春」や「18歳未満」であれば違法ではありますが、パパ活自体は違法ではないという声が多くありました。

悪い反応

反対に悪い反応としては上記の通りです。

ストレートにパパ活は犯罪だという声もあれば、パパ活自体には犯罪並みにリスクがあるという声などさまざまありました。

世間的には、パパ活を犯罪とする声もあれば、18歳未満であれば問題ないという声もあることがわかります。

結論!パパ活は違法・犯罪ではない

結論から申しますと、パパ活は違法ではありません。

さまざまな理由がありますが、最も代表的な理由を2つ紹介していきます。

食事やデートのみなら問題無し

売春とは「お金を受け取って不特定の相手と性交する」ことをいいます。

パパ活は基本的に食事やデートをするだけなので、売春にあたることはありません。

例えば恋人同士、仲の良い男女同士で食事をして、お互い同意のうえで男性側が食事代金を支払ったり、何かプレゼントをすることは良くありますよね。

食事やデートをするパパ活は基本的にこれと同じことなので、問題はありません。

大人同士の自由恋愛である

Twitterの反応にもあるように、女性が18歳以上であるなら、それはただのお金が発生するデートです。

食事やデートのみなら問題無し、と先ほど説明しましたが、ここから体の関係になったとしても、それは結局18歳以上であるなら大人同士の自由恋愛にすぎません。

前述したように売春とは「不特定の相手と性交する」ことなので、パパ活で体の関係に発展したとしても、世間一般的に言う「愛人関係」となんら変わりはありません。

つまり違法・犯罪にはなりません。

パパ活が違法・犯罪になる場合って?

これまで紹介したように、パパ活は基本的には違法・犯罪にはなりません。

ただし場合によっては違法・犯罪になるケースも考えられます。

ここからはそんなケースについて、詳しく紹介していきます。

未成年のパパ活

18歳未満でのパパ活は違法になります。

厳密にはパパ側が児童買春・児童ポルノ禁止法で罰せられます。

とはいえ、女性側には何のリスクも無いわけでもありません。

児童買春・児童ポルノ禁止法は子どもを守るための法律です。

つまり18歳未満は犯罪に巻き込まれる危険性があるがために、この法律が作られています。

実際、未成年はパパ活を「ただ簡単にリスクなくお金が稼げる手段」として捉えてしまい、危険性を認知できません。

そのため、パパ活をする側もされる側も、必ず18歳未満とは関係を持たないようにしましょう。

既婚男性とのパパ活

既婚男性とパパ活をすると、パパの奥さんに慰謝料を請求される恐れがあります。

これはパパだけでなく、パパ活をした女性にも請求されます。

場合によっては300万円近く請求されることもあるので、既婚男性とのパパ活はやめておいたほうが無難でしょう。

パパ活に乗じた詐欺行為

パパ活といえど、相手をだましてお金を得ることは詐欺行為に当たるため、犯罪になります。

例えば「借金があるからたくさんお手当が欲しい」「お手当をたくさんくれるなら結婚する」などです。

どれだけお手当がたくさんほしくても、相手に噓をついて詐欺のようなことをするのは絶対にやめましょう。

17歳以下のパパ活は違法・犯罪です

前述したように、17歳以下とのパパ活は違法・犯罪になります。

17歳以下は法律上は子どもと見なされるので、肉体関係を持った場合必ず犯罪になります。

ここからは男性側が17歳以下とパパ活をした場合に、何に違反し犯罪となるのか見ていきましょう。

各都道府県の青少年健全育成条例違反

青少年健全育成条例とは、児童が健全に育成・成長できるように各地方自治体が定めている条例です。

内容は地域によって異なりますが、5年以下の懲役または300万円以下の罰金が科せられます。

児童福祉法違反

児童福祉法は子どもが健全に成長していけるように定められた法律です。

18歳未満の子と性行為をすることで、実名報道され、ネットに記事が出て世間の目に晒されることもあります。

起訴されれば99%有罪となり、前科も付きます。

児童買春・児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律の違反

いわゆる児童買春・児童ポルノ禁止法といわれるものです。

簡単に言えば18歳未満の権利を守る法律です。

18歳未満の子はまだ未熟で、責任も持っていないため、善悪の判断がつきません。

そのため合意の上であったとしても、18歳未満の子と性行為をすると児童買春・児童ポルノ禁止法に違反することになります。

パパ活は一概に悪い行為とは言えませんが、リスクを理解したうえで行わなければいけません。

前述したように、女性側も自分が18歳未満であるなら、まだ自分はリスクを理解できていない状態だと考えて、パパ活に手を染めないようにしましょう。

パパ活が違法・犯罪行為として訴えられる場合って?

ここまでは男性側のリスクを紹介していきましたが、女性側にもリスクはもちろんあります。

ここからは女性側が違法・犯罪行為として訴えられるケースを見ていきましょう。

恐喝・詐欺行為

男性側は18歳未満と性行為をすると犯罪になりますが、それを利用して女性側が性行為後に「私18歳未満だからお金くれないと警察に言うよ」と脅すのは恐喝行為になります。

また前述したように「借金を返したら結婚する」などの嘘をいって、お金をだまし取るのは詐欺行為に当たります。

女性側だからといって、好き放題出来るわけではありませんので注意しましょう。

売春防止法

売春防止法の第5条では、公衆の目に触れる場所で売春相手を勧誘することを禁止しています。

いわゆる風俗街のキャッチなどが該当しますが、パパ活でも同様のことが言えますので、注意しましょう。

パパ活は違法?

売春や援助交際、風俗との違い

パパ活は違法ではありませんが、売春や援助交際などの線引きが非常にあいまいですよね。

そこでここからは売春や援助交際、風俗との違いなどを詳しく解説していきます。

p活は違法ではないが売春は?

これまで紹介してきましたように、パパ活は違法ではありませんが、売春は売春禁止法で禁止されています。

売春とはそもそも「金銭を受け取って不特定の相手と性交する」ことをいいます。

そのため特定の相手と成功するパパ活は、売春にはならないため違法にはなりません。

また売春自体も禁止はされてはいますが「金銭を受け取って不特定の相手と性交する」ということは個人ではほとんどありません。

売春禁止法とは、売春を助長する行為や、売春の周旋や場所の提供を禁止する法律だということ覚えておきましょう。

援助交際とパパ活の違いは?

一般的に援助交際とは、未成年の女性がお金を得るために体を売る行為のことを言います。

パパ活では基本的に18歳未満が利用することはありませんし、18歳未満でパパ活をして性行為もするのであれば、それはもはや援助交際といえるでしょう。

援助交際やパパ活という言葉自体が、あいまいなため何とも言えませんが、共通することとして「18歳未満と性交・性交類似行為をするのは犯罪」と覚えておきましょう。

パパ活と売春の違いは性行為の有無

パパ活と売春の違いは簡単に言えば性行為の有無です。

パパ活は基本的にデートをしてお手当が貰える、つまり体を売ることが目的ではないということです。

売春は体を売ることが目的になっているため、禁止になっています。

パパ活で性行為をするのは違法?

とはいえ、パパ活で性行為があったとしても違法にはなりません。

前述したように、パパ活で体を売ったとしてもそれはお金が発生する18歳以上の「愛人関係」となります。

ただし、18歳未満でお金が発生する性行為があるなら「援助交際」となるということは覚えておきましょう。

愛人や恋人とパパ活の肉体関係は違うの?

世の中にはセフレを作る人もいれば、お金持ちの社長が愛人を作ることもあり、中には恋人相手に公認で二股・三股などをする人もいます。

そしてみんなそれぞれデートをしたり、ご飯を奢ったり、お金を渡したりすることもあります。

愛人や恋人、パパ活それぞれ定義があいまいなので、何とも言えませんが、基本的には大きくは変わらないでしょう。

パパ活は、お金が発生することが多いだけです。

風俗やソープは違法ではないの?

「金銭を受け取って不特定の相手と性交する」ことを禁止するのが売春禁止法ですが、風俗はソープは良いのかという疑問が浮かびますよね。

簡単に言えば、デリヘルやホテヘルは本番行為が無いからセーフ。

ソープは本番行為がありますが「入浴の手伝いをしたところ自由恋愛をして性行為に発展した」という建前を使っているためセーフです。

性交=セックス(挿入をする本番行為)のことをいうので、このような状態が成り立っています。

パパ活のお手当は税金の課税対象になる?

パパ活をする上でもっとも気を付けたいのが、お手当の税金問題です。

パパ活で得たお手当は課税対象になります。

贈与税として申告する必要がありますので、必ず得た収入は税務署へ申告するようにしましょう。

申告漏れがあると、重加算税や無申告加算税で、のちのち多額の税金を支払うことになりますので気を付けてください。

パパ活は違法・犯罪行為になる?まとめ

パパ活は違法・犯罪行為ではありませんが、18歳未満とのパパ活は犯罪です。

他にも、パパ活には犯罪になり得るケースがたくさんありますので、気を付けてパパ活をしてくださいね。

また税金の申告はパパ活をする上では非常に重要な事なので、必ず忘れないようにしておきましょう。

PAPA♡LOVEをシェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
気になるコンテンツをタップ!
閉じる