パパ活はプロフィールが重要!太パパが気になる自己紹介文の書き方

パパ活 プロフィール

パパ活専用アプリやマッチングアプリを使ってパパ探しをしている女性は多いと思います。

しかし、「なかなかパパとマッチングできない」「イマイチなパパばかりで太パパを見つけられない」と苦戦する女性は少なくありません。

パパ活専用アプリやマッチングアプリでお金持ちの太パパをつかまえるためには、プロフィールの書き方が非常に重要なポイントです。

プロフィールの書き方に気をつけるだけで、太パパからメッセージがくる確率が大幅にアップするのです。

これからパパ活をスタートさせようとしている初心者も、アプリで募集しているのになかなか理想のパパとマッチングできない人も、この記事を読んでプロフィールの書き方を参考にすれば、何も考えずに募集するよりも劇的に成功率が上がります。

パパ活でがっつり稼ぎたい女性は、最後まで読んで必勝法ともいえるプロフィールの書き方をマスターしてください。

パパ活のやり方を知りたい方はこちら

『PAPA♡LOVE』おすすめのパパ活アプリ・サイト

ラブアン【R18】

ラブアン
おすすめ度
(5.0 / 5.0)
女性はこちら
男性はこちら

ペイターズ【R18】

ペイターズ
おすすめ度
(4.5 / 5.0)
女性はこちら
男性はこちら

シュガーダディ【R18】

シュガーダディ
おすすめ度
(4.5 / 5.0)
女性はこちら
男性はこちら
気になるコンテンツをタップ!

パパ活で読まれる自己紹介文の書き方

パパ活でパパに読んでもらえる自己紹介文の書き方を説明します。

具体的なOK例とNG例を挙げるので参考にしてみてください。

パパ活に慣れていない素人感を出す

他にもパパがいることがわかるようなパパ活慣れしている女性は、パパ受けが良くありません。

そのため、自己紹介文ではパパ活慣れしていないような素人感の伝わる文章を心がけましょう。

・OK例

「私は同世代の男性よりも、年上の大人な男性がタイプです。このようなアプリは初めてですが、楽しく過ごせる優しい方からのメッセージを待っています。」

「普段あまり男性との出会いがありません。チャラチャラした男の人は苦手なので、誠実な大人の方を希望しています。」

あくまでお金だけが目的でパパ活をしようとしているわけではなく、元々年上の年齢を重ねた男性が好みだということを伝えれば、パパもいい気分になるでしょう。

お金が欲しいという気持ちだけでなく、パパと一緒に楽しくデートしたいという気持ちをアピールしましょう。

・NG例

「大人なし。ドタキャンやバックレする方は即ブロックします。」

用語を使い、パパ活に慣れている印象を与えるとパパに引かれてしまいます。

清楚で上品な雰囲気を出す

パパは大人な男性ということもあり、若い年代の男性よりもさらに清楚系の品のある女性を好む傾向があります。

ギャルやセクシー路線よりも、おしとやかな女性を演じることをおすすめします。

・OK例

「はじめまして。恥ずかしながら、内気な性格で男性経験はあまりありません。優しくて誠実な方希望です。」

「性格がおっとりしていて天然だとよく言われます。
男性からはどちらかというとリードしてもらいたいタイプです。
よろしくお願いいたします。」

男性経験が少ない女性の方がパパ受けは断然いいので、嘘でも男慣れしていないアピールをしましょう。

その方が、大切にしてくれる良パパから声がかかりやすくなります。

・NG例

「フィーリングが合えば体の関係も全然ありです。お手当は交渉次第です。」

あからさまに体の関係OKということを伝えると品のない女性だと思われてかえってマイナスになります。

頑張っているアピールをする

パパは健気に頑張っている子に好感を抱きます。

お金の面でも支援したいと思ってもらえるので、上手くパパ活に発展させることができます。

・OK例

「ネイリストになるために勉強しています!
今はまだバイトをしながら勉強していますが、将来は自分の夢を持つのが夢です。」

「留学をするためにバイトをしながら勉強しています。
目標を叶えるためのサポートをしてくださる方がいたらうれしいです。」

将来の夢に向かって頑張っている姿は、パパに真面目な印象を与えることができます。

将来の夢をアピールすると、金銭的にも応援したいと思ってくれるのでおすすめです。

・NG例

「早く自分のお店を持ちたいので、誰か資金面で支援してくださる方募集しています!」

あからさまに支援を求めると、楽して夢を叶えようとしている女性は応援したくないと思われてしまうでしょう。

アピールポイントは少し盛ってしっかり書く

自分の魅力としてアピールできる部分は、少しオーバーなくらいに書いた方が効果的です。

少し盛るくらいなら嘘にはならないので、できるだけ強調してパパからの注目を惹きつけましょう。

・OK例

「スタイルが良いと褒められることが多いです。
モデル体型と言われます。」

「周りの友人からは、芸能人の〇〇に雰囲気が似ているねってよく言われます。」

細身の人やスタイルがいい人は、周りからそう言われるということをアピールしましょう。

似ている芸能人がいるのなら、自分の主観ではなく周りの友達などから指摘されるとアピールした方がより効果的です。

・NG例

「ルックスは中の上っていう感じです。」

外見をアピールするなら、評価が微妙になるような表現ではなく、なるべくプラスにとらえられるような書き方をしましょう。

ネガティブ・病み発言はしない

パパは若い女の子と楽しい時間を過ごしたいと考えています。

ネガティブな発言やメンヘラを思わせる発言があると引かれてしまうのでやめましょう。

・OK例

「性格は前向きで、いつも笑顔でいるように心がけています。
一緒にいる人に楽しんでもらえることがうれしいです。」

前向きで明るい女の子はパパから好かれやすいです。

パパのことも楽しませようとする姿勢をアピールすれば、イメージもかなり良くなるはずです。

・NG例

「私は自分が嫌いです。
なんのために生きてるのかわからない時があります…
こんな私でよければそばにいてください。」

ネガティブで病んでいるようなイメージがあると、パパからは避けられてしまいます。

知性を感じる柔らかい言葉を使う

パパは知的な女性は好きですが、強い口調で主張や要求をする女性には苦手意識を持ってしまいます。

男性並みにハキハキ意見を言うのではなく、女性らしく柔らかい言葉遣いを心がけてください。

・OK例

「まずはお会いしてみて、お互いのことを少しずつ知ることができたらと考えています。
ゆっくり素敵な関係を深めていける方との出会いを期待しています。」

相手を急かすことなく、歩み寄りながら関係を築いていきたいという姿勢を見せれば、慎重派のパパからも好感度は高いはずです。

・NG例

「私は自分を安売りするつもりはないです。
女だからって下に見る男性はお断りです。」

強い言い方で男性と対等になろうとする女性は、パパからは好まれません。

パパ活で目立つプロフィール写真の撮り方

パパも男性なので、やはりルックスのいい女性に惹かれることが多いです。

そのため、パパのハートを掴むためにはプロフィール写真の撮り方にも工夫をする必要があります。

明るい笑顔を見せる

男性はいくら美人でも睨みつけるような表情や暗い表情の女性にはあまりいい印象を抱きません。

そこまで美人ではなくても、笑顔がチャーミングな女性はパパからも好かれやすいです。

大笑いしているようなやり過ぎの笑顔は逆効果ですが、無表情や不機嫌な表情ではなく、自然に微笑んだような表情の写真を選びましょう。

一緒にいて元気になれるような笑顔や、癒されるような笑顔の写真を見れば、是非会ってみたいと思ってくれるはずです。

自信のあるパーツを見せる

自分の外見の中で自信のあるパーツがあるなら、そこをさりげなくアピールしましょう。

腕がスリムならノースリーブの洋服を着たり、脚に自信があるならタイトスカートやピッタリめのパンツスタイルの写真を選んでもいいでしょう。

胸が大きいなら女性らしいラインが強調されるニットなどを着るのがおすすめです。(ただし、谷間を見せると下品に思われるので、あくまでもさりげなくアピールしてください。)

パパは女性の顔だけでなくスタイルも重視することが多いです。

顔が特別美人ではなかったとしても、スタイルが良ければパパに気に入ってもらえる可能性が高いので、自信のあるパーツは効果的にアピールしましょう。

清楚で慎ましいコーデにする

パパ世代の男性は、清楚でおしとやかな雰囲気の服装を好みます。

あまりにもダサいコーデや野暮ったい服装はNGですが、男性受けを狙いすぎて谷間を強調したりヘソ出しをしたり、超ミニのスカートをはいたりした写真は引かれてしまいます。

また、露出度の高いコーデの女性は援デリや業者などだと思われて警戒されやすく、かえってパパからは避けられてしまう可能性が高いです。

パパ受けを狙うなら、セクシー系のコーデではなく清楚系・きれいめなコーデのプロフィール写真を選ぶようにしてください。

加工はやりすぎない

最近は、別人レベルに顔を加工できるスマホアプリが増えています。

パパからの人気を集めようとして顔写真を過度に加工してしまうと、かえって不自然な写真になりパパからも敬遠されてしまいます。

また、いくらプロフィール写真で美人に見せることができても、実際に会った時に印象が全く違うとなるとパパは騙された気持ちになりがっかりしてしまいます。

結局その後のパパ活も上手くいかなくなる可能性が高いので、プロフィール写真は加工しすぎないように注意しましょう。

程よい美白効果や、顔色がよく見えるフィルター程度なら使っても問題ないでしょう。

複数の写真や動画を登録する

最近のパパ活アプリでは、プロフィール写真を1枚だけでなく複数登録することができたり、数十秒間の動画も登録できたりします。

1枚の写真だけでは、なかなかイメージが掴みづらいものです。

複数の写真や動いている姿がわかる動画があれば、パパにより外見や雰囲気が伝わりやすく、注目してもらうことができます。

写真写りがイマイチな女性でも、動画なら魅力がアピールできることが多いので積極的に活用しましょう。

面倒だから、あまり外見に自信がないからとプロフィール写真を1枚で済ませるよりも、できるだけたくさん登録した方がパパも安心感を持ってくれて、マッチングする確率がグッと上がります。

パパ活で使えるプロフィール例文

パパ活でのプロフィールの書き方のポイントはなんとなくわかったけど、いざ書こうとすると何を書いたらいいかわからない…そんな人のために、立場別におすすめな例文を紹介します。

大学生向け例文

大学生でパパ活をする人は、自分が苦労しながら勉強を頑張っている学生であることや、将来の夢に向かって努力していることをアピールするのがおすすめです。

例文

「はじめまして。

私は大学2年生です。

実家の両親になるべく苦労をかけないように、アルバイトをしながら勉強をしています。

勉強とアルバイトの両立は大変ですが、資格を取得するという目標があるため頑張っています。

こんな私を応援していただける方がいましたら、よろしくお願いいたします。」

同世代の親に頼りきりの女の子たちとは違い、真面目でしっかりした印象を与えましょう。

バイトと勉強を頑張る健気な女の子をサポートしたくなるパパは多いはずです。

楽してお小遣い稼ぎをしたいのではなく、目標を叶えるために応援してもらいたいということが伝われば支援をしてもらう展開に持ち込みやすいです。

フリーター向け例文

フリーターというと、真面目に働く気がなくダラダラ生活しているというマイナスイメージを持たれることがあるので、将来の夢のためにコツコツと頑張っていることをアピールしましょう。

例文

「21歳でフリーターをしています。

私は子供の頃から、将来自分のカフェを経営するという夢を持っています。

そのためには、いろいろな飲食店で働きながら勉強することが必要だと考えたので、生活は大変ですが、今は修行だと思ってアルバイトをかけもちして毎日頑張っています。

自分の知らない業界のお話や、経営に詳しい方からのお話にも興味があります。

私にいろいろな勉強をさせてくれたり、サポートしてくれる方がいたらうれしいです。」

フリーターである理由は、将来の夢を叶えるためであり、生活が苦しい中頑張っているとアピールすればパパも応援したい気持ちになってくれます。

経営者のパパをつかまえたい場合にも、お金目的だけではないと良い印象を与えることができます。

OL向け例文

OLというと平凡で今の生活に何も問題がないイメージを持たれやすいです。

しかし、実は密かに夢を抱いていることや、今の収入では生活が苦しいことをアピールすれば、支援してくれるパパをつかまえることができます。

例文

「24歳OLです。

私は今は事務職についていますが、実はいつかまた大学で心理学を勉強したいと思っています。

これまでなんとなく大学に入りなんとなく就職をしてきましたが、人の心に寄り添える仕事に就くために、もう一度勉強したいという夢があります。

ただ、今の仕事では生活をするのも精一杯です。

もし、私の夢に共感したり応援してくれる方がいらっしゃいましたら、メッセージいただけるとうれしいです。

食事などをしながら、楽しくお話ができたらと思います。」

普段はOLをしているものの、また勉強したいという向上心があることをアピールすれば、パパからは真面目で頑張り屋な女性だと思われやすいです。

さらに、夢が人の力になることだとするとパパからも感心されて是非応援したいと思ってもらうことができます。

OLの収入では生活も苦しく夢を叶えることが難しいとアピールすれば、パパが金銭的に援助したいと申し出てくれるでしょう。

モデル・アイドル向け例文

モデル・アイドルといった女性はパパ活の必要がないと思われがちですが、売れない芸能人こそパパからの支援が必要です。

高嶺の花でありながらも、パパに手が届く存在だと思わせることがポイントです。

例文

「初めまして、私は20代前半でモデルの仕事をしています。

昔からいろいろな仕事をこなしてきましたが、最近は若い子が登場してきて自分に自信を失っています。

華やかな世界だと思われやすいですが、なかなか悩みや不安を打ち明けられる人がいないです。

売れてる子はサポートしてくれる人が多いですが、私は自分一人で頑張ってきました。

本当の私を受け入れてくれる、私が今よりも輝けるように支援してくれる人と出会えたらうれしいです。」

外見やスタイルが魅力的だということでパパをひきつけることができますが、自分をわかってくれる特別な存在を求めているとアピールすれば、パパが自分は特別だという優越感を抱くことができます。

自分が支援してアイドルやモデルを活躍させたいというパパの願望に火をつけることができればパパ活もスムーズに成功します。

主婦向け例文

主婦は、夫がいるのになんでパパ活をするのか?とて思われやすいです。

そこで、積極的に出会いを求めていることをアピールすることが必要です。

夫との生活に不満があることや、主婦だからこそ割り切った関係でいられることを伝えましょう。

例文

「私は20代後半の主婦です。

大学卒業後、夫からの猛烈なアタックで結婚に至りましたが、今では夫婦関係もマンネリ化してしまい物足りなさを感じています。

恋愛経験が少ないまま結婚したので、正直夫以外の男性と素敵な時間を過ごしてみたい、と思っています。

主婦の私ですが、素敵なレストランや憧れのブランド店に連れて行ってみたいなという夢があります。

私は既婚者なので、お互いに秘密を守って干渉しすぎない関係を約束してくださる方を希望します。」

配偶者がいることはパパ活でマイナスになるかというとそうでもなく、結婚しているということはそれなりに魅力的な女性であるという証でもあります。

さらに男性経験が少ないとなるとパパの心をくすぐることができます。

平凡な主婦だからこそリッチな世界を見せてあげることで喜んでもらえるので、パパの満足感も高くなります。

パパ活のプロフィールが重要な理由

パパ活では、なぜプロフィールをしっかり書くことが必要なのでしょうか。

プロフィールがテキトーでも、パパをつかまえることはできるのでは?と考える人もいるかもしれません。

パパ活でプロフィールが重要な理由について詳しく説明します。

半端なプロフィールはパパに見てもらえない

最近ではパパ活で稼ぎたい女性は非常に多く、パパ活アプリでも女性会員が山ほどいます。

そのため、ありきたりな中途半端なプロフィールではパパに注目してもらえません。

他の女性とは違うインパクトのある自己紹介文や、サポートしたいと思わせるような自己紹介文を書くことで、たくさんの女性会員の中から目に留めてもらうことができるのです。

また、パパ世代の男性には出会いに慎重派な人も多く、手っ取り早く会おうとする若い男性とは違い、まずは自己紹介文をしっかり読んでから判断することが多いです。

自己紹介文をきちんと書くことは、パパから注目してもらうだけでなく、信用できる女性だと思ってもらうことにもつながります。

太パパ候補を選べる

そもそもオファーしてくれるパパが少ないと、希望に合わないイマイチなパパと仕方なくデートすることにもなります。

しかし、プロフィールをしっかり書けばパパからのオファーも増えて、太パパと出会えるチャンスも広がります。

選択肢のない状態でパパ活をするよりも、たくさんのパパ候補から自分が選べる状況になった方が、良い条件の太パパをつかまえることができ高収入をゲットできます。

パパ活で確実に稼ぐなら、プロフィール作成という一見地味な作業にも力を入れる必要があるのです。

【結論】パパ活で稼ぐならプロフィールはしっかり作ろう!

このように、パパ活女子人口が爆発的に増えている現代では、プロフィールの書き方がパパ活で成功できるかどうかの大きな分かれ目となります。

パパ活市場では、女性側が選ぶ立場だと考えずに、太パパに選んでもらう側だということを忘れずにプロフィールでしっかりアピールすることが必要です。

これからパパ活を始めようとしている女性も、今まさにパパ活に苦戦している女性も、この記事で読んだ内容を参考にしてしっかりプロフィールを作成すれば、きっとパパ活を成功させることができるでしょう。

まずは、自分が書いたプロフィールや自己紹介文を一度見直し、パパのハートを掴むことができるような内容になっているかを確認しましょう。

自己紹介文を工夫するという少しの作業こそが、パパ活での高収入につながるはずです。 

PAPA♡LOVEをシェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
気になるコンテンツをタップ!
閉じる