パパ活はエッチありが良い?セックス・大人の関係の相場やメリットを解説

パパ活 セックス

パパ活は本来食事や遊びに男性と一緒に行き、その報酬としてお小遣いをもらうことです。

実際にはパパ活でもセックスありな場合も多く、途中まではセックス無しでもパパ活の関係性を続けていくうちにセックスありなることもあります。

そこで、気になってくるのはセックスありの相場とセックスなしの時の相場の違いです。

また、セックスありのパパ活をする場合、どういったメリットやデメリットがあるのか理解しておくことも重要です。

では、セックスありとなしではどのくらい相場が変わってくるのか、セックスありのパパ活はどういったメリットやデメリットがあるのでしょうか。

この記事では、セックスありのパパ活をするメリットやデメリット、相場の違いからセックスありのパパ活が向いている人を解説していきます。

パパ活のやり方を知りたい方はこちら

『PAPA♡LOVE』おすすめのパパ活アプリ・サイト

ラブアン【R18】

ラブアン
おすすめ度
(5.0 / 5.0)
女性はこちら
男性はこちら

ペイターズ【R18】

ペイターズ
おすすめ度
(4.5 / 5.0)
女性はこちら
男性はこちら

シュガーダディ【R18】

シュガーダディ
おすすめ度
(4.5 / 5.0)
女性はこちら
男性はこちら
気になるコンテンツをタップ!

パパ活でセックスしたときの相場

パパ活で実際にセックスするにあたってまず気になってくるのは、セックスなしと比べて相場が違ってくるのかです。

結論から言うと、セックスありのパパ活でもらえるお小遣いの相場はセックスなしのパパ活でもらえるお小遣いの相場の3倍程度が多いです。

まず、セックスなしのパパ活の場合、食事に行ったり遊びに行ったりしてお小遣いをもらうのが一般的になってきます。

そういったパパ活でのお小遣いは5000円〜1万円程度が相場だと言われています。

だいたい1万円のお小遣いをもらえることが多く、食事代は基本的に男性もちのことがほとんどです。

対して、セックスありのパパ活は食事をした後にホテルに行ってセックスをするか、直接ホテルに行くかのどちらかになることが多いです。

そういった場合のお小遣いの相場は1回3万円〜5万円ぐらいになってきます。

このように、セックスありではセックスなしと比べて相場が3倍以上に上がります。

また、定期的に会う関係のパパ活でもセックスありの方が相場が上がります。

定期的に食事にいくだけの場合、相場は食事に行く回数などによって変わってきますが月5万円前後になってきます。

しかし、セックスありにすることによってお小遣いの相場は月20万前後ぐらいになってきます。

当然実際に会う回数などによっても金額は大きく変わってきますが、パパ活でがっつりと稼ぎたいのであればセックスありでパパ活を行うのがおすすめします。

パパ活でセックスするメリット

セックスありのパパ活をした時のお小遣いの相場について触れましたが、実際にはどういったメリットがあるのでしょうか。

続いては、セックスありでパパ活するメリットを紹介していきます。

相場が高く稼ぎやすい

セックスありでパパ活するメリット1つ目は、お小遣いの相場が高いため稼ぎやすいことがあげられます。

先ほどもセックスありのパパ活とセックス無しのパパ活でお小遣いの相場について触れました。

セックスありにするだけでセックスなしよりも受け取るお小遣いの額はかなり上がるため稼ぎやすくなります。

パパになってくれる男性とお互いのスケジュールを合わせて会うのも大変で、会う回数も限られてしまいます。

そういった限られた会える回数の中でしっかりと稼ぐためにはお小遣いの額を上げるのが一番です。

そのため、パパ活でしっかりと稼ぎたい場合はやはりセックスありで行うのが一番です。

パパ活のやり方を知りたい方はこちら

パパを見つけやすい

相場が高いから稼ぎやすいだけではなく、パパになってくれる男性を見つけやすいのもメリットの1つです。

出会い系サイトなどを使って女性との出会いを探している人の多くは大人な関係での出会いを期待しています。

また、パパになってくれる男性の多くもセックスなど大人な関係を楽しみしていることが多いです。

そのため、セックスなしでのパパ活を希望するとパパになってくれそうな候補の男性をかなり絞ることになり見つけづらくなります。

そもそも、お金を出して食事や遊びに女の子と一緒に行きたいという男性は非常に少ないです。

そういった限られた男性の中からパパを探すため、少しでも可能性を広げたいのであればやはりセックスありでパパ活をするのが一番です。

パパへの好感度が上がりやすい

他にも、セックスありのパパ活をするメリットはパパへの好感度が上がりやすいこともあげられます。

先ほども触れましたが、やはりパパになってくれる男性はセックスを楽しめる大人な関係に期待しています。

そのため、パパ活の相手を探す段階からセックスありでパパになってくれる人を探すことによって男性からいい印象を持たれやすいです。

やはり、男性からいい印象を持たれることはとても重要なことです。

男性からいい印象を持たれるといい関係を築きやすく、さらにはその関係を長期間続けやすくなります。

また、セックスありのパパ活はセックスなしと比べてもパパからのチヤホヤされやすさがかなり違ってきます。

定期や有利な条件に持ち込みやすい

セックスありのパパ活のメリット最後の1つは、定期的に合う関係やお小遣いアップなど、パパ活の条件交渉において有利に進められる点です。

やはり、セックスありだと男性側もその関係を継続するために妥協しやすくなり、女性側からの条件にオッケーしてくれる可能性がかなり高くなります。

そのため、セックスなしよりもセックスありの方が定期的に合う関係を築きやすくなります。

パパと不定期に会う関係性と定期的に会う関係性では、後者の関係性の方が安定的に稼ぎやすくなります。

また、定期的に会う関係性のパパを作れると、パパ探しに悪戦苦闘する手間も省けてしまいます。

つまり、セックスありのパパ活ではセックスなしでのパパ活と比べて安定的にパパ活を行いやすくなります。

パパ活のセックスで気をつけたいこと

セックスありのパパ活はいい面もありますが、その反面気を付けたいこともいくつかあります。

続いては、セックスありのパパ活をする際に気を付けたいポイントについて解説していきます。

妊娠や性病のリスクがある

セックスありのパパ活でまず気を付けたいことは、妊娠や性病にかかってしまうリスクがすごく高いことです。

ゴムをするから大丈夫だという認識でセックスありのパパ活をしているといつか確実に痛い目に遭うことになります。

ゴムを最初にしたとしても、セックスを楽しんでいく中で興奮して男性が途中でとってしまう可能性もあります。

また、セックスありのパパ活でパパになる男性の中には生希望のパパが多い傾向にあります。

そのため、男性側に性病対策や避妊を任せっきりにしてしまうのはとても危険です。

そういったリスクがあることを十分理解した上で、自分の身は自分で守るようにしっかりと自分自身で対策を行っていくことが大切です。

肉体的・精神的負担が大きい

セックスありのパパ活は肉体的にも精神的にも負担がかなり大きいことも気を付けたいポイントになってきます。

やはり、セックスをするということはかなり体力を使います。

また、セックスをするとしても1回とは限らず、会ったその日の中で2回・3回と複数回やる可能性もないわけではありません。

そのため、セックスありのパパ活はセックスなしのパパ活と比べるとかなりの体力が必要になってきます。

また、セックスありのパパ活は正直グレーゾーンで、その関係性をオープンにすることは良いことではありません。

そういった関係性を続けることに悩み、精神的に負担がかかる場合も少なくありません

罪悪感や恋心が出るとツラくなる

罪悪感や恋心が出てくると辛くなるのもセックスありのパパ活で気を付けたいポイントの1つになってきます。

お金を貰ってセックスをすることは売春と変わらないんじゃないかと悩む女性は少なくありません。

そこから罪悪感を抱きセックスありのパパ活をやめてしまうことも少なくありません。

また、最初は恋心を抱いていなかったとしても、パパ活で会っていく中で恋心を抱いてしまうこともあります。

お金を貰うという関係性から始まっている以上、そこから普通の恋愛関係にしていくことはほとんど難しいです。

パパに恋心を抱いてしまうとパパ活がかなり辛くなってしまうため、恋心を抱かないようにしていくことが大切です。

不倫で訴えられるかもしれない

セックスありのパパ活で気を付けたいポイントの最後の1つは、不倫などで訴えられる可能性があることです。

パパになってくれる男性全員が独身というわけではなく、中には既婚で奥さんに隠してパパ活をしている男性もいます。

そういった男性がパパになり、その男性の奥さんにパパ活をしていることがバレてしまうと慰謝料請求される可能性が高いです。

既婚者だと知らなければ裁判になったとしてもセーフになることが多いですが、そのことを立証するためには手間がかなりかかります。

そのため、セックスありのパパ活をする場合は不倫で訴えられる可能性があるかもしれないことを念頭に入れながら行っていくことが大切です。

つまり、セックスありのパパ活を行う際はしっかりとあらゆるリスクの対策を行っていくことが大切です。

パパ活でセックスするのに向く人

ここまでセックスありのパパ活のメリットと気を付けるべきポイントを紹介してきました。

では、セックスありのパパ活はどういった人にぴったりなのでしょうか。

続いては、セックスありのパパ活をするのに向いている人の特徴をいくつか紹介していきます。

手っ取り早く稼ぎたい人

セックスありのパパ活に向いている人の特徴1つ目は、手っ取り早く稼ぎたいという人です。

ここまで何回か触れていますが、セックスありとセックスなしで比較するとセックスありのパパ活の方がお小遣いの相場がかなり高いです。

そのため、1回パパと会ってセックスをすることによってまとまった金額を稼げます。

週末しかパパ活できないけどしっかりと稼ぎたい人や大金を効率よく稼ぎたい人にはぴったりです。

割り切った関係を持てる人

セックスありのパパ活をするにあたって割り切った関係性を持てることも重要な特徴の1つとなってきます。

気を付けたいポイントの中でも触れましたが、パパ活を続けてると罪悪感を相手に感じてしまったり、相手に対して恋愛感情を抱いてしまうことがあります。

そうなってしまうと、パパ活をしていることがとても辛いことになってしまうだけです。

そのため、こういったことにならないようにするために、割り切った関係をしっかりと持てるかどうかはとても大切です。

もし、割り切った関係を持つのは難しいなと感じたらセックスありのパパ活は避けたほうがいいです。

セックスありのパパ活をするときは、パパとビジネスライクに接してパパに対して恋愛感情や罪悪感を抱かないようにしましょう。

性欲が強い人

セックスありのパパ活がおすすめな人の特徴の1つに、性欲が強い人も当てはまります。

やはり、お金を稼ぐためといっても好きでもない人とセックスをするというのに抵抗を持つ女性は少なくありません。

抵抗あるままセックスありのパパ活をしているとそのうち自分自身に対して罪悪感を感じてしまいます。

そうなってしまうとパパ活で稼ぐのは難しい状態になってしまうため、性欲が強くなくそこまでセックスをしたいと思っていない人はあまりセックスありのパパ活はおすすめできません。

対して、性欲が強く誰でもいいからセックスをしたい人はセックスを楽しみながらお金を稼げるのでおすすめしやすいです。

さらに、パパになってくれる男性は年上の人が多いため、年上好きだとよりおすすめしやすいです。

定期・愛人契約したい人

定期契約や愛人契約をしたい人もセックスありのパパ活にぴったりです。

これも先ほどのメリットの部分で触れましたが、セックスありのパパ活のほうが愛人契約や定期契約という好条件で行いやすいからです。

しかし、ちょっとしたお小遣い稼ぎや気軽にお金を稼ぎたいという人にはセックスありのパパ活は向いていません。

つまり、セックスありのパパ活はただ稼ぐだけではなく、長く関係性を続けたいと考えている人にぴったりなのです。

単発ではなく長期にわたって定期的に会うという関係性を築いてパパ活をしたいという人はセックスありのパパ活を考えてみましょう。

パパ活のセックスでさらに稼ぐコツ

ここまでセックスありのパパ活が向いている人やメリット・デメリットなどを紹介してきましたが、より稼ぐためにはどういったことを気にかけるといいのでしょうか。

続いては、セックスありのパパ活で稼ぐコツについて解説していきます。

パパの性癖を把握する

セックスありのパパ活で稼ぐコツ1つ目は、パパの性癖をしっかりと把握することです。

セックスをしたいパパの多くは、気持ちよくなりたいからセックスをしたいことがほとんどです。

そのため、パパになってくれた男性を気持ちよくさせることがとても大切になてきます。

そして、パパになってくれた男性を気持ちよくさせるためには、その男性を性癖を知っておくことが大切です。

性癖を知る方法はいくつかありますが、一番いいのは実際にセックスしてるときに確認する方法です。

いろんなところを攻めて反応を見ることによってどこが反応かわかります。

また、セックスをしているときにコミュニケーションの一環でどういったセックスが好きか聞いたりどこが性感帯なのか聞いたりするのもおすすめです。

プレイの幅を広くする

先ほどの男性を気持ちよくさせることにも繋がりますが、プレイの幅を広くすることもコツの1つです。

やはり、毎回同じようなプレイをしていると飽きがきてしまいます。

飽きがきてしまうとパパ活としての関係を解消しようという話になる可能性もかなり高いです。

そういった流れを防ぎ男性を満足させてお小遣いのアップを狙うのであればプレイの幅を広くするのがぴったりです。

当然できるプレイの幅を広くすると言っても無理の範囲内で問題ありません。

把握したパパになってくれた男性の性癖や性感帯を考慮しながらできるプレイの幅を広げられるようにしましょう。

短時間のセックスだけですませる

セックスありのパパ活で稼ぐコツ3つ目は、短時間でセックスを済ませることです。

長時間会ってセックスするのではなく、短時間で済ませることによって他のパパと会う時間を作れます。

その時間を上手く活用することによってより効率よく稼げるようになります。

例えば、食事だけを楽しむパパと会った後にセックスだけを楽しむパパと会う形にすると1日で効率よく稼げます。

戦略をしっかりと考えることもパパ活で稼ぐにあたって大切なことです。

セックスありのパパ活と援助交際の違いは?

最後に、セックスありのパパ活と援助交際の違いについて解説していきます。

一見するとセックスありのパパ活もお金を貰って肉体関係を持つのだから援助交際と変わらないと思われがちですが、全くの別物であるとされています。

援助交際は基本的に不特定多数の男性と肉体関係を持ち、その代わりにお金をもらうことです。

このお金を貰って不特定多数の男性と肉体関係を持つことを法律では問題視しています。

対して、パパ活は特定の男性と関係を持つことがほとんどです。

そのため、パパ活は自由恋愛の一環として認識されており、自由恋愛の中でお互いに同意の上であればお金の受け渡しがあっても問題視されません。

これはセックスのできる風俗店と同じで、あくまでも自由恋愛の一貫という建前で行っているため成り立っているのです。

【結論】セックスありのパパ活をするなら自己管理は気をつけて

今回は、セックスありのパパ活についていろいろと解説してきました。

セックスありにすることによって相場が上がり稼ぎやすくなるだけではなく、男性から興味を持ってもらいやすくなりパパになってくれる男性を見つけやすくなります。

しかし、セックスありにすることによって妊娠する可能性や性病になってしまう可能性が高くなるだけではなく、相手の男性が既婚者の場合だと関係性がバレて訴訟になる可能性もあるため注意が必要です。

そのため、セックスありのパパ活をするのであれば、性欲が強くてそういった可能性の対策をしっかりできる人が向いています。

また、セックスありのパパ活でより効率よく稼ぐためには、男性の性癖や性感帯を把握して気持ちよくさせることも大切です。

セックスありのパパ活をする場合はそういったところで工夫しつつ、自分の身は自分自身で守りながら行っていきましょう。

PAPA♡LOVEをシェアする
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
気になるコンテンツをタップ!
閉じる